解説!グルコサミン・コンドロイチン:原料の原産地とは

グルコサミンとは体内に存在するアミノ酸の一種ですが年齢とともに減少するため外部から摂取して補う必要のある成分です。グルコサミンは体内で軟骨を再生する力を持ちます。

年齢とともに減った軟骨のせいで腰痛を代表とする関節痛などを引き起こすので、これらの症状を緩和するにあたりグルコサミンは大きな効果を発揮するのです。このグルコサミンは天然においてカニや海老などの甲殻類の殻に多く含まれています。

また貝の殻や動物の骨及び子骨髄にも含まれています。しかしながら、このままでは摂取しにくく体内への吸収も難しいため、これらからグルコサミンの成分だけを抽出しサプリメントに加工したものが販売されているのです。サプリメントに加工される時に相乗効果のあるコンドロイチンとの混合物として栄養補給サプリメントや健康食品が数多くあります。

コンドロイチンとは軟骨の主成分ではありますが、コンドロイチン単体では軟骨を構成できないので、軟骨の再生に必要な主な水分の成分にグルコサミンが必要となります。つまり、コンドロイチンはグルコサミンと一緒に摂取することで大きな効果につながるのです。

グルコサミンがサプリメントになるために抽出する原料としては主にカニやエビ、ロブスターの殻があげられ、コンドロイチンの原料はサメ軟骨や牛、豚、鳥の軟骨部分から抽出されます。グルコサミンの主な原料の原産地とはどこになるかというとその多くは中国で日本で加工されているというのが現状です。

コンドロイチンの主な原料の原産地とははどこになるかというとそれもまた中国が多く日本で加工されているということです。グルコサミンとコンドロイチンの主な原料の原産地とは日本よりも海外が多くそれらを輸入して日本でサプリメントに加工しているというのが現状で、サプリメントの原材料や産地は記載されているので十分に安全に考慮されていると判断されるものに限定して使用する方が良いといえます。