解説!グルコサミン・コンドロイチン:飲むタイミング

関節の痛みや動きの不快感にお悩みの方に、心強い味方となるのがコンドロイチンとグルコサミンです。どちらの成分も関節をサポートしてくれるので、注目の成分です。グルコサミンは関節や筋肉の痛み、損傷、炎症を緩和して、改善してくれます。また、関節の動きを滑らかにする働きのある、潤滑液を増やす効果もあります。

コンドロイチンは関節への衝撃を緩和するクッションの役目を果たす、軟骨の水分維持や柔軟性維持に大きく影響してきます。この2つの成分があることで、しなやかでスムーズな関節の動きができます。年齢と共にすり減ってきてしまう関節部分に、新たに補充してあげることは重要なケア方法になってきます。

グルコサミンとコンドロイチンは、今ではサプリメントなどで手軽に補うことができます。どうせなら、摂取したグルコサミンとコンドロイチンが効率的に関節部分に働くように飲み方にも気を付けることが大切です。グルコサミンは体ですぐに吸収されて、代謝されてしまいます。その時間、30分程度で吸収のピークを向かえます。

すぐに吸収される反面、体にじわじわと効くという面では気をつけないといけません。それをカバーして、関節に長い時間成分を届けるためには、飲むタイミングに注意が必要です。グルコサミンは薬ではないので、飲む時間が厳正に決まっているわけではありません。

また、グルコサミンの働きが活発になる時間帯も特にないため、飲む時間よりも、コンスタントに摂取して、常にグルコサミンが体で働いている状態が大切なのです。コンドロイチンも同じで、コンスタントに摂取するほうが望ましいです。コンドロイチンはグルコサミンとセットになって、最大の効果を発揮します。

そのため、グルコサミンとコンドロイチンは一緒の飲むタイミングで、1日複数回に分けて飲むのがベストです。飲むタイミングは忘れにくい3食の後にするなど、自分の生活に合わせてこまめに設定するのが効果的です。